Auto Defrag 2000 の Windows XP 対応は行わないことにしました

Auto Defrag 2000 の Windows XP 対応は行わないことにしました。Windows XP にはそもそも デフラグをバッチで実行する機能 があります。

また当ソフトの様に Windows XP が持っている対話型のデフラグをバッチであるかのごとく実行させる他のオンラインソフトも出てきているので、Windows XP での役割はないと考え、バグがない限りバージョンの凍結をすることにしました。

当ソフトは Windows 2000 でデフラグのバッチ実行ができないために、Before Power OffMulti Function Alarm での補助ソフトとして作成しました。公開した当時はこの手のソフトはなかったはずで、日本初であったと自負しています。

また「すっきり!!デフラグ(Ex)」の作者矢吹拓也氏(INASOFT) へのソースの提供という最後の花道を咲かすこともできました。

当ソフトを Windows XP 対応にしたときは Auto Defrag 2000XP というように改名して公開することも考えました。しかし風のうわさに、Windows XP ではバッチでデフラグが動くということを聞き、検証した後にどうするか決めようと思っていて、このような結論に至りました。当ソフトを Windows XP 上で実行させても警告メッセージを出して終わるようにしています。

今後 Auto Defrag 2000 は Windows 2000 の寿命が尽きるまで(いつになることやら)細々と生かしておく予定です。

戻る