目次

ソフト概要
1.インストール
2.使用法
3.アンインストール
4.バージョンアップ
5.使用上の注意
6.「a! Menu Filer」のみにある機能
7.このソフトの再配布について
8.最新バージョン
9.FAQ(よくある質問の答え)
10.このソフトの歴史

注)この ReadMe.htm およびこのソフトではディレクトリもしくはファイルフォルダのことをフォルダと称しています。厳密に言えばコントロールパネル、マイコンピュータ、ネットワークコンピュータは Windows 用語ではフォルダになりますが、ここでいうフォルダはそれらの概念を含みません。


==========================================================
【ソ フ ト名】Free AMF Ver.1.10
【登 録 名】FAMF110.LZH
【バイト 数】約 302 Kbyte
【著作権 者】杉山利幸
【対応 環境】Windows 95, 98, NT4.0, 2000, Me, XP, Vista, 7
【コード形態】Intel系
【動作 確認】自作機他
【必要DLL】なし
【開発 言語】Visual C++ 6.0(MFC なし)
【掲 載 日】2010/02/21
【作成 方法】*.lzh 解凍ソフトで解凍し、その後ReadMe.htmをみること。
【ソフトウエア種別】フリーウエア
【サポート】バグ報告と質問に関してメールにて行います。
【転載 条件】ReadMe.htm
7.このソフトの再配布について参照
==========================================================

【ソフト紹介】

クリック回数激減!ブラウジングにも優れたプレビュー機能付メニュー型ファイラです

インストール後、適当なドライブまたはフォルダをダブルクリック(場合によってはシングルクリック)してみましょう。

通常ではそのドライブまたはフォルダが開きますが、その中のフォルダ・ファイルがメニューになって現れ、それを開かなくてもアクセス出来るようになります。フォルダはサブメニューになっていて更に深いフォルダ・ファイルにもアクセスできます。よって深いフォルダ内のファイルはほとんどクリックなしでアクセスできます。また途中の余計なフォルダも開かないのでそれらを閉じる手間もなくなります。もちろんダブルクリックしたドライブまたはフォルダ自体も開けます。更にプレビュー機能によりフォルダのあちこちを見てファイルを探す(ブラウジング)にも優れています。

メニュー表示後はマウスカーソルを合わせるだけでファイル情報の表示左クリックで通常の起動Space キーでプレビューを行えます。

更にタスクトレイ(時計のある所)に表示されたアイコンを使い「最近開いたフォルダ」「さっき開いたフォルダ」という機能もあり、フォルダをすばやく開くことが出来ます。

「a! Menu Filer」というシェアウエア版もあります。

試用する場合は2.使用法を一通り実行してみるといいでしょう。

目次


1.インストール

  1. 適当なフォルダを作りその中でファイルを解凍します(解凍ソフトによっては自動的にフォルダを作ります)。下記のファイルが現れます。

    FAMFMain.exe, FAMFTray.exe, FAMFSetup.exe, ReadMe.htm, image\*.gif, image\*.jpg(ディレクトリ付き圧縮をしているので image ディレクトリができているはずです)

  2. FAMFSetup.exe を起動します。後は画面の指示に従って操作してください。マルチユーザ環境(1台のパソコンに2人以上のユーザを定義している)の場合は先に下記の注を参照してください。

  3. 同じパソコンの他のユーザでも使用したい場合はそのユーザでログオンしなおしてインストールしてください。

  4. インストール後は1.で解凍したファイルは不要ですが、解凍前のFAMF110.LZHはアンインストールトラブル回避のため保管しておいた方が無難です。

注)関連付け等のため当ソフトがユーザ共通のレジストリに書きこみを行うので、下記の表通りにしてください。

OSユーザ環境
Windows 95,98,Meシングル特に問題無し
Windows 95,98,Meマルチ各ユーザでインストール要 注1
Windows NT4.0マルチ各ユーザでインストール要 注1、注2、注4
Windows 2000,XP,Vista,7マルチ各ユーザでインストール要 注3、注4

注1)インストールしていないユーザでもフォルダの右クリックをした場合「Free AMF(A)」の項目が出てしまいます。これは Windows の仕様です。

注2)Administrator でインストールして Administrator で使う場合には問題になりませんが、一般権限のユーザが使う場合権限エラーになる場合があります。その場合エラーメッセージが表示されインストールできません。標準の権限の状態(インストール終了後すぐの状態、変える人もまずいないと思われる)の場合は下記のようにして使ってください。

  1. Administrator でインストール
  2. 一般ユーザでインストール(ユーザ追加インストール自動判定)
  3. 一般ユーザで使用中一部の設定は権限のあるユーザのみで変更可
  4. 一般ユーザでアンインストール
  5. Administrator でアンインストール

注3)Windows 2000 からの新機能によりユーザ独自のレジストリに書くことによって関連付け等ができるようになりました。中途半端にマルチユーザ環境がサポートされて非常に困っていたのですが、ようやく環境の分離ができるようになりました。但し書きこむレジストリの関係上、OSを Windows 2000 へアップグレードする場合は当ソフトをアンインストールしてから行ってください。また一般ユーザでの使用の場合インストールディレクトリは「既に他のユーザで書きこみを行ってその一般ユーザが読めるところ」または「その一般ユーザが書けるところ」を指定してください。

注4)「NT系」かつ「一般ユーザで使用」かつ「上書きインストール」かつ「自分の書けるディレクトリをインストールディレクトリにした」の場合には「置換えるファイル..が使用中...」というメッセージが出て上書きインストール中断する場合があります。その場合以下の対策を行ってください。

なおNT系の一般ユーザで Windows 再起動時のファイルの削除や置換を指定できないのはWindows の仕様の様です。

目次


2.使用法

目次


3.アンインストール

アンインストールは下記の手順で行ってください。

  1. [スタート]ボタン−[設定(S)]−[コントロールパネル(C)]によりコントロールパネルを開きます(Windows XP, Vista, 7 の場合は[設定(S)]がない)。
  2. [アプリケーションの追加と削除]/[プログラムと機能]/[プログラムの追加と削除]を起動します。

  3. [Free AMF Ver.1.10 アンインストール]をクリックします。
  4. [追加と削除(R)]/[変更/削除]ボタンをクリックします。
  5. 下記のメッセージボックスが出てきます。同じパソコン上で他のユーザでインストールしていない場合は「いいえ」をクリックしてください。

    同じパソコン上で他のユーザでもインストールしている場合は「はい」をクリックしてください。この場合他のユーザでもアンインストールが必要です。更に NT4.0 一般ユーザ使用の場合は最後にAdministratorでアンインストールしてください。「はい」をクリックすることにより Windows NT4.0 の場合[Free AMF Ver.1.10 アンインストール]の項目が残ることになります。Windows 2000, XP, Vista, 7 ではインストールディレクトリのファイルを残すかどうかを聞いてきます。参考

  6. あとは画面の指示に従って操作してください。
5.で間違えてしまった場合や使用中ファイルを移動させてしまった等が原因でアンインストールがうまくいかなかった場合は、もう一度上書きインストールしなおしてからアンインストールしてください。

目次


4.バージョンアップ

全ての過去のバージョンの上書きインストールが出来ます。

目次


5.使用上の注意

目次


6.「a! Menu Filer」のみにある機能

a! Menu Filer Ver.2.40 との比較

目次


7.このソフトの再配布について

目次


8.最新バージョン

最新バージョンは「a! Menu Filer」とともに下記のところにアップロードしています。

杉山利幸のあとりえ

上記ホームページにはこの ReadMe.htm より最新でかつ大切な情報があります。内容については当 ReadMe.htm より優先されます。当ソフトを使用する際には見ておいてください。特に作者にメールを出す前には必ず見てください。

目次


9.FAQ(よくある質問の答え)

目次


10.このソフトの歴史

Ver.1.10 2010/02/21


Ver.1.09 2008/06/07
・「存在しないフォルダの履歴からの削除」機能でCD-ROM内のフォルダの履歴削除時、Windows XP からのエラーメッセージを抑止するように変更
・Virtual PC 上での対応

Ver.1.08 2007/04/28
Vista 対応
・FAMFSetup.exe で行っていた About 表示機能などを他の exe に分散
・メッセージフィルタを定義(内部処理)
・フォルダの中のフォルダ数が多い場合は「開く(O)」だけするように変更
・*.zip ファイルに対する処理を修正

Ver.1.07 2007/01/13
動画ファイルの Space キープレビューで全面が黄色になる事がある不具合の対処
Windows 2000 で上書きインストール時「Windows 2000 で Ver.1.80 以前からの..」というとんちんかんメッセージが出る場合があるバグを修正
作者のメールアドレス変更による ReadMe.htm 等の変更

Ver.1.06 2005/03/12
「コマンド」という表現を勘違いがないように「DOSコマンド」に修正

Ver.1.05 2005/01/15
ウインドウズの設定によってはドライブ・フォルダメニューが出ないバグの修正

Ver.1.04 2004/10/09
ドライブ・フォルダを(ダブル)クリック時メニューが少し左上に出る機能で、メニュー表示の位置がずれる場合も対応
ツールチップを本来のシステム定義の色に変更
ドライブに対する「開く」が隠しファイルでもないのに白文字で表示されていたバグを修正

Ver.1.03 2004/06/26
ドライブ・フォルダを(ダブル)クリック時メニューが少し左上に出る機能を追加

Ver.1.02 2004/03/06
Visual C++ 6.0 へのコンバージョン
再配布条件の見直し
作者のホームページアドレスが変わったことによる変更

Ver.1.01 2003/10/12
NT系でアンインストール時インストールディレクトリまで消すように変更
最新バージョンの場所に関する記述を修正

Ver.1.00 2003/06/07
初公開

目次