「Screen Saver Stopper Ver.1.30」をお使いの皆様へ

電源設定を一時的に「常にオン」に変更する機能を使うために、SSS.ini を下記の様に間違って「PowerScheme=-3」を指定して SSS.exe を起動してしまうと
[Screen Saver Stopper]
TopMost=0
Minimized=0
Top=100
Left=100
PowerScheme=-3
レジストリに[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\PowerCfg\PowerPolicies\-3]というキーを作ってしまう様です。

さらに悪いことに Windows 2000, XP では「コントロールパネル」−「電源オプション」を開くと下図のように電源設定が出来なくなってしまいます。

よってレジストリに[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\PowerCfg\PowerPolicies\(負の数)]のキーがあったら削除してください。OS が Windows9x、Meの場合も念の為削除しておいた方がいいと思われます。

回復手順は以下の2通り用意しました。

1.拡張レジストリファイルにより修正する方法

  1. XReg Processor をダウンロードしてインストール
  2. 以下のファイルをダウンロードして解凍
    PowerScheme.lzh 340 バイト
  3. 中のPowerScheme.xreg を実行
まず上記でOKでしょう。うまく行かない場合や、新しいソフトを入れるのが嫌な人はレジストリエディタで変更してください。

2.レジストリエディタにより修正する方法

  1. 「スタートボタン」−「ファイル名を指定して実行(R)」を選択
  2. 「名前(O)」に「regedit」を指定して「ok」ボタンクリック
  3. レジストリエディタが起動するので左側のツリーで[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\PowerCfg\PowerPolicies]をたどる
  4. PowerPolicies の中に負の数のキーがあるか確認
  5. あった場合はそれを右クリックして「削除(D)」を選択
  6. 削除確認が来た場合は「はい(Y)」をクリック
  7. 右上の[×]をクリックしレジストリエディタ終了
真に申し訳ありませんでした。

戻る