レジストリファイルによるレジストリキーや値の削除

今までレジストリファイルによりレジストリキーや値の削除できないと思いこんでいましたが、PONKIKKI 様から寄せられた情報によりそれが出来ることがわかりました。ここではそれを説明します。

通常のレジストリファイル
REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Software\test]
@="あやや"
"name1"="string"
"name2"=hex:01,23,45,67,89
"name3"=dword:12345678

値を削除するレジストリファイル
REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Software\test]
@=-
"name1"=-
"name2"=-
"name3"=-

キーを削除するレジストリファイル
REGEDIT4

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\test]

つまり"-"を付けると削除という意味になるようです。この中で"@=-"はOSによりうまくいかない場合があるようです。作者の環境によるテスト結果を示します。
OSIE結果@=-
Windows 953.02××
Windows 98 Second Edition6.0×
Windows Me5.5×
Windows NT4.03.0×
Windows 20005.0
Windows XP Home Edition6.0
Windows XP Professional Edition6.0
Windows Vista7.0

上記のファイルをダウンロードできるようにしました。
お試しセット otameshi.lzh 1,815 バイト

戻る